--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-30(Thu)

名刺完成

005.jpg
名刺作りました。
この名刺を見て、こちらにアクセスしてくれている方もいらっしゃることだと思います。
子供たちがデザインしてくれました。

心の花と聞いてなんで?と思われる方もおられると思いますが、体が健康になっていけば、心も元気になっていく。心が元気になっていけば、体が元気になっていく。繋がっていることだと感じます。

軽い気持ちでも結構なので、テルミー受けにいらして下さいね。
料金は40分ほどの全身テルミーで2000円と島ならではの価格にさせていただいております。

自然農の畑の見学や自然農野菜の試食なども別料金で受けております。こちらも楽しいですよ。どうぞ!
スポンサーサイト
2013-05-28(Tue)

三女にテルミー

いつもお世話になっているテルミーです。

思い起こせば三女が生まれてすぐの頃です。
三女は目やにがひどく結膜炎のように眼が開かないくらいひどい時もありました。
生まれたばかりの子猫でたまに見ませんか?そう、ああいう感じです。

長女が生まれてすぐの時にももっと症状は軽かったのですがそういう時がありました。
まだまだ何も知らなかった私は周りの人にも言われ、病院へ連れて行きました。診断で涙腺がつまっていると言われました。
その処置で涙腺に細い針を通したのでした。
お母さんはあっちへ行っておいて下さいと言われ、処置室へは入れませんでしたが、聞こえてくる長女の痛そうな雄叫びがつらかったのを覚えています。

その経験があったので、今回は絶対病院へは行かない!!

テルミーしようと思い、毎日目の周りや目のツボの首などに必死にテルミーをしていました。
人前に連れて行くと、わー病院行った方がいいよーと言われたりするので、なるべくその時は眼を拭いたりして、目立たないようにしていました。

すると1歳くらいになった頃、目やにはおさまりました。
今ではあの時が嘘なくらいぱっちりのくりくりお目目になりました。現在7歳です。

テルミーで治ったとかは、定かではありませんが私はテルミーのおかげだと思っております。
長女には申し訳なかったけど、その経験を生かして今回はテルミーで治ったのでよかったです。
2013-05-26(Sun)

次女にテルミー

思い起こせば、このテルミー我が家の子育ていたるところでお世話になっています。
ついこの間は、次女の咳が治まらず、しかもビンビンと胸に響くような咳。
これが1週間以上続いていました。

次女はすぐに風邪が耳の方に行くタイプみたいで知らない間に中耳炎になっており、聴力検査に引っかかったこともあります。

さすがにこれはまずいと毎夜テルミー。
テルミーをすれば、翌日咳が少しよくなってるし、しないとまたひどい状態。
学校から結核問診も回ってきて、これは引っかかる怖れあり。

毎夜頑張ってテルミーしてるうちに、自然に咳は治まり元気になりました。

テルミーなどの自然療法は、目に見えるはっきりとした改善は無いのですが、やはり私は効いていると思います。
自分がやってもらうと、よく解りますが確かに翌日元気になっています。
それは時には微妙な時もあり、よくわかりにくい時もありますが、自分の身体の声によく耳を澄ませていると解ってきます。

今1番本当に身体の調子が悪いとこはどこか?

腰痛や肩こりは本当に調子の悪いとこを庇うために起きている時もあります。
心を静めて、自分の身体の内側を良く見つめて上げて下さい。
本当に調子の悪いとこがやがて解ってきますよ。
2013-05-23(Thu)

苺の旬

011.jpg
苺の旬が12月のクリスマスシーズンと思っている方も多いと思われますが、実は今この時期からなのです。
この写真の苺、完全自然農で育った露地栽培。
そのため、私はまだ数が足りず食べてませんが、とっても甘ーいそうです。

子供たちには、畑に来た人しか食べれないよーと言い、採れたてをその場で食べます。
1日1個くらいしか、まだ食べられない苺。
でもその味は格別なことでしょう。
これから毎年食べられる数が増えて行くかな?
お腹いっぱい食べられるころには、子供たちはもう島にはいないかなあ?
腹いっぱいの素敵な思い出を抱え、自分たちの信じる道を進んで行ってくれたらと願います。

しかしこの苺立派だなあー!!
2013-05-22(Wed)

長女にテルミー

中学2年の長女が転校に伴い、4月から島唯一の女子の部活。卓球部に入った。

今まで吹奏学部でそれまであまり身体も動かしたことなかった長女。
しかもこの卓球部は駅伝部も兼ねており、気合の入った先生がいらっしゃるので、朝から走る走る。
親としては、長女が成長期に伴い、姿勢が悪くなってきたので良い機会だと応援していた。

しかし新学期2週間ほどで膝が痛い…。やはり来たか・・・私は思った。
軽く見ていた私は、そのまま放置しておいたが、膝をかばい反対の足首捻挫。
先生にもこれは治らないかもしれないから、一度病院で診てもらった方が良いと言われる。

さすがに焦った私。そこから毎日テルミー。
足に特に膝にしっかりテルミーを掛ける。
何日かしたら、朝起きて今日はあまり痛くないと言う。
それでも毎夜テルミー。
すると見事復活しました!!やったー!

改めてテルミーの効果を感じるのと、もっと早くに対応しなよとぐうたらの自分にちょっと反省したのでした。

皆さんも身体の調子が悪くなった時いつまでも放っておくのではなく早めに対応しましょう、早めに動くことが大事だと思います。
2013-05-21(Tue)

島の生活

109.jpg
10分ほど船に乗るだけの島ですが、ここには今、街ではやりのものは何もありません。
小さいスーパーが港にあるくらいです。

まだ島の生活に慣れない子供たちもあまりに静かなこの空間で何しようと言っている時があります。
でも放っておいたら、新しい遊びを作りだしたり、友達を見つけて駆け回っていたり自由に遊んでいます。

私自身もまだまだ何をしようかとできることを考えていたりもします。
でもその退屈な時間こそが生活を豊かにしていくための生みの時間だと思います。

何も無いようで、すべては自分の工夫の中で豊かさは生まれて行くと思います。
幸いなことに傍に自然があるだけで、ぐんと遊び場が広がって行きます。
2013-05-20(Mon)

ある日のメニュー

005.jpg
ある日のうちの夕飯です。毎日ほぼ収穫して畑の野菜を使い料理してます。今日のメニューを紹介しますと、真ん中上の玄米から時計回りに絹さやとじゃこ煮、レタスの玉ねぎドレッシング、玄米、玉ねぎ葉の味噌炒め、ニンジン葉ふりかけ、焼きソラマメ、中央が玉ねぎの芯とわかめの炒め煮です。(友人が作った料理混じってます。)

ほとんどベジタリアンのようですが、海も近いのでたまに魚を釣っていただきます。
米は白米ではない分搗き米や玄米をよく食べます。
一見こういう食事では、体力続かないように思われますが、持久力はあります。
子供たちも持久力はあります。
体調も私は昔は腰痛がありましたが、食事を変えてから、かなりの無理をしない限り出なくなりました。
体調も良く、何せ気分が良いです。

病気になってから慌てるのではなく、日々の生活を大切にすることが、自分の健康に繋がっていくと思います。
2013-05-19(Sun)

アトピーの方に

アトピーの改善には、とても時間のかかることだと思います。
テルミーをするにも、やはり回数をなるべく多くすることだと思います。
できたら、ご自分で器具を持ち、1日に何回もテルミーを施されてみて下さい。

日々の食事はなるべく粗食で動物性のものを控えめにされて下さい。

痒くてつらい時もあるでしょうが、毎日できることをこつこつと積み重ねましょう。
日々リラックスする時間と身体を動かして温める時間を持ちましょう。
しんどい時は、ぜひテルミーを受けにいらして下さい。
2013-05-16(Thu)

自然療法

003.jpg
自然療法のバイブルといわれるくらいの東城百合子先生の本です。
私はこの本、片手に子育てしてきました。
この本は病院へ行くなと言っているわけではなく、まずは病院へ行くその前に家でできることをやってみようと語っています。

私がよく使うのは、里芋シップ、こんにゃく湿布、びわの葉湿布などです。 
必読な本です。
2013-05-15(Wed)

自然農とは

017.jpg
うちのライフスタイルの一つとして、自然農による作物栽培があります。
自然農とは?なんて思う方は、詳しく知りたい方は川口由一さんの本を読んでいただきたいですが、ザっと言うと、土を耕さない、草や虫を敵としない、なるべく草を刈らない、なるべく機械を使わない、なるべく肥料などを持ち込まないです。

自然農では、普通の農法が100%の収穫を目指したら、60%くらいの収穫に思っていただけるとよいです。
え!なんでそんなやり方するの?そうですよね。

これは私たちの思いですが、自然農は地球に優しいのです。あとお金はかかりません。
それにやはり自然農の野菜の美味しさ!これにつきます。

テルミーに来られた方には、自然農の野菜の試食もやっております。ぜひ1度どうぞ。
2013-05-14(Tue)

すぎな

001.jpg
自然療法なる言葉があります。
自分の体の声を聞き、自然に治っていく身体の力に任せる自然治癒力ということですが、体も弱っていると病気に抵抗する力が弱くなっている時もあるので、なるべく自然の物を使ったり、副作用のないテルミーのような医療器具を使ったりして、体が良い方向に向かう応援をしてあげるのです。
病院で診てもらうことも大事ですが、少しの風邪で安易に病院に走るより、少し落ち着いて自分の内側の身体の声を聞いてあげましょう。

写真は、畑の嫌われ者すぎなですが、たくさんの薬効がある野草です。
うちではお茶として飲んでます。
2013-05-12(Sun)

粗食な日々

009.jpg
どひゃー、ちょい写真が大きすぎかな?

気を取り直して、テルミーを行うにあたって、テルミーの刺激は体に栄養熱となって入っていきますが、内側からの栄養も取り入れてあげるといいですね。
なるべく粗食で季節の野菜、海草、小魚、白米ではないお米中心の食事をして、内臓の負担を少なくしましょう。それと億劫がらずによく動きましょう。

外からと内からの刺激で早く楽になりますよ。
2013-05-11(Sat)

テルミーとは

006.jpg
正確にはイトーテルミーと言います。
伊藤金逸という医学博士が今から100年ほど前に開発した医療器具です。

イトーテルミー療法とは
皮膚表面から、ぬくもりと刺激を与えることで、自然治癒力に働きかけ、病気の予防、疲労回復、健康増進を図る温熱刺激療法です。
使い方は、写真の2本の器具を冷温器と言いますが、その冷温器の内管にテルミー線(自然の素材からできた線香です。)を装着し、テルミー線を点火して外管に挿入します。2本の冷温器を手に持ち、体表に働きかけます。

効果、効能
疲労回復、血行をよくする、筋肉のこりをほぐす、筋肉の疲れをとる、神経痛、筋肉痛の痛みの緩解、胃腸の働きを活発にする。自律神経の働きを整える。
テルミーのぬくもりは、優しくおだやかです。
赤ちゃんから高齢な方まで大丈夫です。
副作用がなく、医薬品との併用も差し支えありません。

もっともっと言いたいことはありますが、まず自身の体を楽にしてあげて下さい。
そうすれば、いろんな考えも楽になりますから。
2013-05-10(Fri)

テルミールーム

テルミーを行う施術ルームです。海が見えて静かでよいとこです。自宅です。
テルミーを始めるにあたって、場所は色々考えたのですが、やはりあるレベルの清潔、環境、などを考えた時、島で行うのが私の思いとぴったり合いました。

テルミーだけではなく、畑の体験や畑の野菜の試食などもできます。
畑はもちろん自然農、無農薬です。
2013-05-09(Thu)

はじめまして
島に来て、1カ月が経った。海はやはり新鮮で大きくそして偉大です。
ここに来て、よかった。でもここからがはじまり。
小さくていいから、こつこつ休まず怠らず私ができることを続けて行こう。

小さな日々の暮らしを大切に。
プロフィール

FC2USER829841WER

Author:FC2USER829841WER
こころとからだの健康社代表  ゆっこ

自然農と自然療法を生活のメインとするイトーテルミー療術師
愛媛県松山市から船で10分ほどの島で暮らす。
テルミー施術受け付けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。